クレジットカード現金化するときにどんな注意点があるか?

クレジットカード現金化することの注意点として以下の点があげられます。

①自己破産ができない。
自己破産とは、裁判所から借金の免除の許可が認められる制度ですが、裁判所が不当な債務負担行為とみなす場合、破産の許可を出しません。
日常的な現金化や高額の現金化、支払いのめどがたたないのに限度額内で何度も繰り返し行っていたなど、利用頻度や状況によっては悪質とみなされ裁判所から許可が下りないことがあります。

②クレジットカード会社がカード利用を停止し、利用分の一括返済を要求するリスクがある。
クレジットカード会社は利用状況を監視していて、自己判断でクレジットカードの利用停止を行う権利があります。
クレジットカード会社はクレジットカード現金化を認めていなく、現金化が判明した場合、利用停止の処分を行い、利用分の一括返済を求めるというリスクがあります。

③詐欺や犯罪に巻き込まれないよう注意する。
一つの商業活動としてクレジットカードの現金化を行っている業者がいるものの、悪徳業者も存在し、詐欺や犯罪などの温床になっているケースもあるので注意する必要があります。