クレジットカード現金化でよくある失敗やトラブルとは?

クレジットカード現金化は、悪徳業者とのトラブルも多いのが実情ですので、失敗しないように注意したいところです。
ここではよくある現金化の失敗談について取り上げます。

①換金率の額が下がった
初心者に多い失敗談の一つです。
業者の提示する換金表にある換金率は最大値であり、また入金時に事務手数料や振込手数料が差し引かれ換金率が低くなり、期待していたほどの額を受け取れなかったという失敗談です。

②キャンセルの手数料を請求されてしまった
事前に聞いた換金率と違うことが振り込まれる前にわかり、キャンセルしようとすると、キャンセル料を請求する悪質業者がいます。

③カード決済して数日たっても振り込みがなかった
基本的に、クレジットカード現金化業者の振り込みは即日で対応する場合が多いですが、連絡がなく振り込みされず「詐欺」被害にうことがあり得ます。

④クレジットカードが利用停止になってしまった
クレジットカード現金化はカード会社の利用規約に違反している行為ですので、カード会社に現金化が発覚し利用停止になってしまったという失敗談があります。

他にも、ショッピング利用枠を正しく把握していなかったがためにカードの決済処理が拒否されてしまった、商品の受け取らず契約破棄になってしまったという失敗談もあります。